ワリエワ、疑惑のさなかでSPトップ 演技後は涙を両手でぬぐう

有料会員記事

稲垣康介
[PR]

 ドーピング疑惑の渦に放り込まれた金メダルの大本命が、北京冬季五輪のリンクに戻ることを許された。

 ロシア・オリンピック委員会(ROC)のカミラ・ワリエワ(15)が15日、フィギュアスケート女子ショートプログラム(SP)に登場し、82・16点で1位となった。最終組の2番目。冒頭のトリプルアクセル(3回転半)の着氷が乱れ、1月の大会でマークした自身が持つSP世界最高得点90・45点には及ばなかったが、堂々のトップ。緊張から解き放たれたのか、演技後はこぼれそうな涙を手でぬぐった。

 禁止薬物の陽性反応が出たの…

この記事は有料会員記事です。残り1817文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]