飛ばす高木菜那、1周前に転倒の予兆「カナダの滑り素晴らしかった」

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

(15日、スピードスケート女子チームパシュート)

 最後の6周目のコーナー、ゴールまであと100メートル。最後尾にいた高木菜那がふらつき、上体が起き上がった。重心が後ろに下がる。4歩、立て直そうともがいた。だが、こらえられなかった。

 尻もちをつき、コース脇のクッションにぶつかった。その瞬間、日本の2連覇の夢がついえた。

 「まだ、考えられないです。頭がついてきていないので、すいません」

 その瞬間のことを、高木菜は…

この記事は有料会員記事です。残り500文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]