コロナで研究中断、大学も休学… 苦境に写真展開いたわけは

有料会員記事新型コロナウイルス

小堀龍之
[PR]

 新型コロナウイルスの影響で、生き物相手の野外調査が続けられなくなり、大学を休学することになった学生がいる。苦境をきっかけに、若い生態学者たちが普段、どんなことをしているのか知ってもらおうと、研究者を支援する写真展を開いた。

 「来るのを控えてくれないか」

 慶応大学大学院の清水拓海さん(27)は昨年、東北地方のある集落で野鳥の調査をしようとしていたところ、地元の人から声をかけられた。

 そこは新型コロナの感染者が…

この記事は有料会員記事です。残り1420文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]