• アピタル

国内の死者、最多の236人 大阪で9カ月ぶり40人超、愛知28人

[PR]

 新型コロナウイルスに感染し亡くなった人は15日午後8時現在、全国で236人が確認された。神戸市が1カ月半の死者93人をまとめて公表した昨年5月18日の計216人を上回り、1日あたりでは過去最多を更新した。新たな感染者は8万4221人が確認され、国内の感染者数は累計で400万人を超えた。300万人に達してから12日間で100万人増えた。

 死者が最も多かったのは大阪府で、50~90代の42人が亡くなった。愛知県の28人、兵庫県20人と続いた。東京都は16人だった。

 大阪府の死者が40人を超えたのは、重症者が相次いだ第4波の昨年5月15日以来、9カ月ぶり。吉村洋文知事は「もともと重い持病がある方や高齢者に感染が広がって亡くなっている。コロナの肺炎というより(感染によって)それ以外の持病が悪化している」と話した。愛知県の大村秀章知事も亡くなる人は感染で体力が低下する高齢者がほとんどだとし、高齢者施設での巡回接種や検査をさらに進める考えを示した。

 この日、栃木、香川、福井、愛知、岐阜の5県で感染者が過去最多だった。東京は全国で最も多い1万5525人だったが、前週の火曜日(8日)より1588人少なく、7日連続で前週の同曜日を下回った。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]