坂本花織、自己ベストでSP3位 「よう頑張った」の言葉に感極まる

有料会員記事

大坂尚子
[PR]

(15日、フィギュアスケート女子SP)

 重圧のかかるショートプログラム(SP)最終滑走。坂本花織(21)はいつも通り中野園子コーチ(69)に背中をたたかれ、送り出された。

 冒頭のダブルアクセル(2回転半)ジャンプを着氷すると、続く3回転ルッツは出来栄え(GOE)で2・02点の加点。後半の連続3回転ジャンプでも加点を引き出し、ダイナミックに滑りきった。

 リンクサイドで待つ中野コーチに抱きついた。「よう頑張った」。そう言われ、キリッとした表情から一転、感極まった。

 4回転やトリプルアクセル(…

この記事は有料会員記事です。残り551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]