• アピタル

妊婦の新型コロナワクチン接種 米CDCが乳児の入院を防ぐ効果確認

有料会員記事新型コロナウイルス

ワシントン=合田禄
[PR]

 米疾病対策センター(CDC)は15日、妊婦が新型コロナウイルスのワクチンを接種することで、生まれてくる乳児が新型コロナで入院するのを防ぐ効果が61%あったとする研究結果を公表した。

 妊婦の抗体が乳児にも受け継がれることは知られていたが、妊婦のワクチン接種による乳児への実際の効果がデータで示されたのは初めてという。

 CDCは昨年7月から今年1月にかけ、全米20カ所の小児病院に入院した生後6カ月未満の新型コロナ感染の176人と、感染していない203人の乳児について、母親のワクチン接種状況を調べた。

 入院した乳児のうち、母親が…

この記事は有料会員記事です。残り336文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]