「学習院以外」を選んだ悠仁さま 幼稚園からの「異例」進路の背景は

有料会員記事

杉浦達朗

 秋篠宮家の長男悠仁さま(15)が筑波大付属高校(東京都文京区)に進学することが決まった。皇室に生まれ育った皇族が、学習院以外の高校に進学するのは戦後初めてとなる。「異例」とも言える経緯を振り返った。

 悠仁さまは3歳だった2010年4月、お茶の水女子大付属幼稚園に入園した。同幼稚園は国立難関幼稚園として人気が高く、一般入試は高倍率の狭き門だ。ただ、悠仁さまは一般募集ではなく、同大が08年度に新設した「特別入学制度」での合格だった。

 「特別入学制度」とは、「大…

この記事は有料会員記事です。残り2164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。