コロナ禍で進む飲食、小売りのデジタル化 ベンチャー企業が一役

有料記事

細見るい
[PR]

 コロナ禍の影響が大きい飲食や小売りなどの店舗運営の効率化に、ベンチャー企業が一役買っている。感染対策の外出自粛などで客足は激減し、ネット販売へのシフトも迫られる。そうした課題について、デジタル技術を駆使して解決策を提供しているのが特徴だ。

 ITベンチャーの「スパイスコード(東京都)」は、様々な飲食店の仕込みを請け負うサービス企業。LINEなどオンラインで店舗から注文を受け、提携先の食品工場で調理する。このお店と工場をつなぐ独自の受発注システムに強みがある。

 約200店を運営する地鶏居酒屋チェーンは感染拡大後、スパイスコードに仕込みを発注することにした。コロナ禍で客足が落ち、固定費の重い自前のセントラルキッチンを廃止したためだ。必要な時に必要な量を発注でき、費用削減につながったという。また、別の居酒屋運営会社も、定番の通年メニューの仕込みなどをスパイスコードに任せた。季節メニューの新開発などに時間をより割けるようになった。

 店舗ごとの仕込みは手間がか…

この記事は有料記事です。残り1050文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。