「おかあさんといっしょ」人形劇交代 再放送は史上初の午後6時台に

有料会員記事

野城千穂
[PR]

 NHKは16日、Eテレの幼児向け番組「おかあさんといっしょ」で4月4日から新たな人形劇「ファンターネ!」を始めると発表した。歌のお姉さんも交代する。また、4月からは夕方の再放送が1959(昭和34)年の番組開始以来初めて午後6時台になる。

 新たな人形劇は、妖怪や動物、無性別の植物などあらゆる種族が共生する「ファンターネ島」を舞台として、カッパの「みもも」、ひょうたんの「やころ」、ライオンの「ルチータ」を中心に、多様性や子どもの可能性を伝える内容だという。脚本は、劇団ゴジゲンの松居大悟さんと目次立樹さんが手がける。2016年から放送中の人形劇「ガラピコぷ~」は3月末で終了する。

 歌のお姉さんも同年から出演してきた小野あつこさんから、22代目のながたまやさんに代わる。番組統括の中原美和チーフプロデューサーは「新しいお友達がたくさん登場する。お子さんたちの世界が広がるきっかけになればと思う」と話す。

 4月の番組改編で、2~4歳…

この記事は有料会員記事です。残り441文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら