• アピタル

コロナ感染者38人分の氏名をHPで一時公開 福岡県が指摘受け削除

新型コロナウイルス

藤山圭
[PR]

 福岡県は16日、新型コロナウイルスの感染者38人分の氏名を誤って県のホームページ(HP)に掲載したと発表した。外部の指摘を受けて削除し、関係者に謝罪をしているという。

 県によると、15日発表の新規感染者一覧の特記事項欄に、接触者の情報として感染者の氏名が掲載されていた。保健所から提出されたデータをHPに掲載する際、県の担当者が削除を忘れ、別の職員のダブルチェックも怠っていたという。

 16日午前11時から28分間にわたって氏名が閲覧できる状態で、この間に外部から354件のアクセスがあったという。白石博昭・県保健医療介護部長は「関係者には多大なご迷惑をおかけした。大変申し訳ない」と謝罪した。(藤山圭)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]