小松原組、世界1桁の順位も夢ではない 上位陣に負けない「強み」を

有料会員記事

[PR]

エキスパートの目 木戸章之(トリノ五輪代表)

 アイスダンスの小松原美里、尊組はリズムダンス(RD)で22位に終わり、上位20組によるフリーダンスには進めませんでした。でも、いま持っている力は出し切れたと思います。

 ターンの瞬間にわずかに横滑りしてしまったり、エッジの正確性に欠けたりといった、ミスとまでは言えない細かな部分は気になりましたが、団体戦よりさらに動きが大きくて良い演技でした。

 アイスダンスでは、ステップでぱっと見ただけでは分からない程度の足元のぐらつきがあっただけでもレベルが下がります。

 要素のレベルを判定する「テ…

この記事は有料会員記事です。残り954文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]