• アピタル

5~11歳ワクチン、「接種希望」8割でも「不安ある」9割 江東区

新型コロナウイルス

塩入彩
[PR]

 東京都江東区は16日、5~11歳の子どもがいる保護者約2千人に行ったワクチン接種に関するアンケート結果を発表した。約8割が子どもへの接種を希望する一方、約9割が接種に不安を抱いていることがわかった。

 アンケートは区の公式LINEを活用し、今月10~13日に実施した。「なるべく早い時期での接種を希望する」が31・3%、「様子を見て問題なければ接種したい」が48・7%を占め、「接種を希望しない」は20・0%だった。接種への不安については、39・6%が「大いにある」、49・7%が「少しある」と回答し、「不安はない」は10・7%にとどまった。さらに、全体の9割近くが接種の判断に必要な情報として「副反応・リスク」をあげた。

 この結果を受け、区の担当課は「保護者の不安を解消するため、ワクチンの安全性や副反応、リスクなどの情報提供に努めたい」と話した。

 また、早期の接種を希望する割合から、国が示す3月末までのワクチン供給量を上回ることが見込まれ、「どういう人を優先的に接種していくのか、国に一定の方向性を示すよう求めていきたい」としている。(塩入彩)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]