• アピタル

「外したマスク、机に置くのは…」 小6の発明に特許、その名も

有料記事

岩堀滋
[PR]

 【神奈川】長引くコロナ禍でマスクを持ち歩くことが日常化するなか、食事などで一時的に外したマスクをカバンや衣服に簡単にとめられるクリップを相模原市立桜台小学校6年の嘉手納杏果(ももか)さん(12)が考案し、特許を取った。7日にはクリップ1千個を市に寄贈。市は子ども食堂などで使う予定だ。

 考案したクリップは両端に磁石がついている。クリップに指を差し込んでマスクをはさみ、カバンのポケットや衣服の裾にさっと取り付ける。

 「マスクはポケットに入れない方がいいし、机の上に置くのも非衛生的で、誰の所有かわからなくなる」と杏果さん。指を差し込むところがスリッパの形に似ており、「テリッパ」と名付けた。「マグネットクリップ及びこれを備えたマスクセット並びにマグネットクリップの使用方法」として、昨年6月に特許が登録された。祖父の知俊さん(74)が知り合いの業者にたのんで製品化。市販化の検討はしていないという。

 杏果さんは幼い頃から工作好きで、長所を生かそうと母の佐知子さんが特許事務所に相談するなどして応援。特許取得はこれが5件目だ。4年生のときには磁石の原理を授業で学んだことから、絡まりやすいハンガーに磁石をつけて整理整頓しやすくする方法をひらめき、初めて特許を取得。今回はこの特許を応用するかたちとなった。

取得の特許はほかにも

 ほかにも、食品保存用のジッ…

この記事は有料記事です。残り174文字有料会員になると続きをお読みいただけます。