開かずの…じゃない 「閉まらずの踏切」がある訳

有料記事

石田貴子
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産

 幻を見たのかと思った。

 数カ月前の夜のことだ。5年ほど前に阪急・西宮北口駅(兵庫県西宮市)の近所に引っ越して以来、閉まっているのを見たことがなかった踏切が、閉まっていた。走りゆくマルーンカラーの電車。車窓から漏れる黄色い明かり。この踏切、本当に電車が通ってたんだ……。

 駅の南側、商業施設「阪急西宮ガーデンズ」の近く。片側1車線の車道と2本の歩道が通る大きな踏切だ。ガーデンズが立つ場所に阪急西宮スタジアムがあった名残で「球場前踏切道」の看板がある。幾多の「開かずの踏切」に悩まされてきたが、「閉まらず」は初めて出会った。いったい、いつ、何のために閉まるの?

 阪急電鉄によると、以前は平…

この記事は有料記事です。残り1125文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!