進学実績「言いたいけど…」 伝統校・神戸女学院が非公表を貫くわけ

有料会員記事KANSAI

聞き手・安井健悟、写真・金居達朗
[PR]

 1875年に創立されたキリスト教系の中高一貫校、神戸女学院(兵庫県西宮市、全校生徒852人)は医師や企業のトップなど多方面で活躍する人材を輩出してきた。だが実は一度も卒業生の進学先を公表したことがない。なぜなのか。また、女子教育の役割をどのように考えるのか。中学部・高等学部の森谷典史(のりひさ)部長(57)に聞いた。

関西ニュースレター

関西発のおすすめニュースを週1回お届けします。こちらから登録できます。

 ――生徒の進学先を一切公表していないと聞きました。

 「うちの目標は自分を大切に…

この記事は有料会員記事です。残り2762文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

#KANSAI

#KANSAI

近畿の魅力を再発見する新企画。社会・経済から文化・スポーツまで、地元愛あふれるコンテンツをお届けします。[記事一覧へ]