高木美帆が金、日本勢のうち冬季1大会最多のメダル4個 小平10位

[PR]

 北京五輪第14日の17日、スピードスケート女子1000メートルがあり、高木美帆(27)は1分13秒19の五輪新記録を出して、個人では初の金メダルを獲得した。今大会のメダルは3個の銀に続く4個目で、冬季五輪の日本勢で1大会史上最多のメダル獲得となった。小平奈緒(35)は10位だった。

 高木美は今大会5種目に出場し、1500メートル、500メートル、女子団体追い抜きの3種目で銀メダルを獲得。個人種目では初の金メダル。平昌大会では女子団体追い抜きで金、1500メートルで銀、1000メートルで銅。これで五輪7個目のメダルとなり、夏冬通じて日本女子の最多獲得数を伸ばした。

 小平は平昌大会の500メートルで金メダル、1000メートルで銀メダルを獲得。今大会は500メートルで17位だった。

北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]