IOC会見で「台湾は中国の一部」 組織委の報道官が異例の発言

有料会員記事

北京=高田正幸
[PR]

 冬季五輪が開かれている北京で17日にあった国際オリンピック委員会(IOC)の定例記者会見で、大会組織委員会の厳家蓉報道官が「台湾は中国の一部だ」などと中国政府の主張に沿った発言をする一幕があった。組織委の報道官としては異例の発言で、外国メディアからは「政治的発言ではないか」との指摘もあがった。

 発言があったのは、開閉会式への不参加を表明していた台湾代表団が一転して参加を決めた経緯を尋ねた質問でのやりとり。IOCの報道官が答えて次の質問に移ろうとした際、厳氏が割り込むような形で発言した。

 厳氏は「世界に中国は一つしかない」と語り、中国政府が訴える「一つの中国」原則を強調。「五輪を利用し、スポーツを政治化する行為に反対する」と語った。さらに台湾のオリンピック委員会の呼称について、台湾を中国の一部だと強調する「中国台北」とも表現したが、すぐに従来の「中華台北」と修正した。

 また、新疆ウイグル自治区で…

この記事は有料会員記事です。残り100文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]