「分裂しているのは極めて不自然」 立憲幹部ら国民民主に切実に訴え

有料記事国民立憲

鬼原民幸
[PR]

 立憲民主党国民民主党は、再び「大きな塊」になれるのか――。日本最大の労働組合の中央組織・連合が支援政党を明記しない参院選の基本方針をまとめた17日、両党の国会議員ら28人が「連合出身議員政治懇談会」を立ち上げた。国会内で開かれた設立総会では、立憲側の出席者から国民民主への切実な訴えが相次いだ。

 「はっきり申し上げるが、連合出身の我々が複数の政党に分裂しているということは、極めて不自然だ。この会が新しい政治勢力の結集に向け、その潮流をつくっていくことを切望する」。立憲の難波奨二・参院国会対策委員長日本郵政グループ労組出身)は、冒頭でこう呼びかけた。

 かつて民主党、民進党でともに歩んだ多くの「仲間」が、2017年衆院選の「希望の党」への合流騒動で分裂。立憲と国民民主に分かれた状態が続いている。難波氏はこうした状況を嘆いたのだ。

 立憲の逢坂誠二代表代行(自…

この記事は有料記事です。残り284文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(秋トクキャンペーン中)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!