赤スーツで「ビッグボス」気分 盛り上がるハムキャンプ地、企画続々

有料記事

福井万穂
[PR]

 「ビッグボス」がやってきた――。プロ野球・日本ハムがキャンプ中の沖縄県名護市では、市民が新庄剛志監督をイメージした顔出しパネルや「日ハム応援メニュー」を用意し、盛り上げている。

 パネルは、キャンプが行われる球場の前や道の駅など、市内4カ所に設置。赤いスーツを身にまとい、ポーズを決めた新庄監督になりきれる。背景には、すでに見頃を迎えた名護のカンヒザクラが舞う。

 また、市内10以上の飲食店…

この記事は有料記事です。残り251文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。