最年少五冠 将棋・藤井聡太竜王が「相懸かり」を採用する理由

有料会員記事

村瀬信也
[PR]

 将棋の藤井聡太竜王(19)に、また新たな勲章が加わった。1月から今月にかけて行われた第71期王将戦七番勝負(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)を4連勝で制し、王位・叡王・棋聖と合わせ、史上4人目の五冠を最年少で果たした。対局後の本人の言葉を掘り下げてみると、この1年の間に確立された新しい「藤井将棋」の一端が見えてきた。

 藤井竜王は、東京都立川市で11、12の両日に行われた王将戦第4局で、前王将の渡辺明名人(37)=棋王と合わせ二冠=を破った。先手番の第1局と第3局で採用した戦法は、昨年2月から多用している「相懸かり」だった。

 飛車の縦方向での活用を急ぐ相懸かりは大駒が激しく飛び交う展開になることもあるが、藤井竜王はまずじっくりと駒組みを進めることが多い。前者のタイプの相懸かりを得意としている飯島栄治八段(42)は「藤井竜王の相懸かりの駒組みは複雑で、相手は研究がしづらい」と話す。相手の出方を見ながら臨機応変に立ち回る指し方なのだ。

 第1局と第3局では、藤井竜王と渡辺名人双方に序盤での熟慮が目立った。相懸かりを採用した理由を13日の記者会見で問うと、藤井竜王はこう答えた。

 「(相懸かりは)序盤から分…

この記事は有料会員記事です。残り872文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    村瀬信也
    (朝日新聞記者=文化、将棋)
    2022年2月20日20時7分 投稿

    【視点】記事では書ききれなかったことを少し補足します。 「相懸かりは角換わりのような指定局面戦になりづらい」 藤井竜王からこのような答えが返ってきた時、思い出した対局があります。2年前の棋聖戦第3局です。初めてのタイトル戦だった藤井竜王は先手で