東京マラソン開催へ 高齢ランナーには次の出場権認め参加自粛を要請

有料会員記事新型コロナウイルス

笠原真
[PR]

 東京マラソンを主催する東京マラソン財団は18日、3月6日の大会を開催する方針を明らかにした。同日開いた臨時理事会で、一般ランナーの参加を許可する一方、新型コロナで重症化リスクが高いとされる高齢者には参加自粛を要請することも決めた。

 参加自粛を要請するのは大会当日までに65歳以上となる参加者。辞退者には参加費を全額返金するほか、来年以降の東京マラソンに抽選なしで出場できるようにする。

 コロナの感染防止策として、大会規模は例年の3万8千人から2万5千人に縮小し、参加者には大会前72時間以内のPCR検査で陰性を確認するよう求める。密を避けるため、通常スタート地点などに設けられていた観客席や更衣室は設置せず、沿道の応援も自粛を呼びかけるという。

 大会は昨年3月に開催予定だ…

この記事は有料会員記事です。残り74文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]