OSK100周年の桜咲く ついにトップ楊琳ら光あふれる舞台

有料会員記事

河合真美江
【動画】「レビュー 春のおどり」初日の舞台の様子
[PR]

 ついに100周年の桜咲く舞台が開いた。OSK日本歌劇団の100周年記念公演「レビュー 春のおどり」が2月18日、大阪松竹座大阪市中央区)で始まった。5日に開幕予定だったが、公演関係者のコロナ陽性が確認されて中止に。劇団員もファンもこの日を待ちわびていた。

 「春のおどりはヨイヤサ~」

 幕開けを告げる高らかな声がつややかに響いた。チョンという拍子木の音でパッと明かりがつき、紋付き袴のメンバーがせいぞろい。トップスター楊琳(やん・りん)らの晴れやかな舞いでスタートした。

 第1部は和ものレビュー「光…

この記事は有料会員記事です。残り876文字有料会員になると続きをお読みいただけます。