第5回「犠牲、多く出ないでほしい」刻まれた記憶、ウクライナの若者の願い

[PR]

 ウクライナ情勢の先行きが見通せないなか、首都キエフの若い世代はこの状況をどう受けとめているのか。話を聞くと、「革命」と呼ばれた8年前の出来事が、彼らの見方に大きく影響していた。

 17日夜、キエフ中心部のナイトクラブ「クビロビ」。午後9時に始まったイベントには、会社員や学生ら30人ほどが集まっていた。

 カウンターでアルコールを提供していたナターシャさん(21)は、2014年に起きた「騒乱」の状況を克明に覚えている。

 それまで「ロシアも欧州も」…

この記事は有料会員記事です。残り623文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

連載ウクライナ危機 市民は今(全120回)

この連載の一覧を見る