商店街の空に光る割り箸 250mイルミネーションが描くメッセージ

有料会員記事東京インサイド

森治文
[PR]

 東京都杉並区の商店街の夜空を青いイルミネーションが彩っている。約250メートルにわたるLED電球を支えるのは、約1万8千膳の割り箸だ。資源保護やリサイクルに関心を持ってほしいと、商店主らが使用済みや不良品の割り箸を集めた。近くの病院でコロナ禍と闘う医療従事者への感謝も込めている。

 JR荻窪駅北口から続く荻窪教会通り商店街。その芸術祭「アートゲイト荻窪2021」で昨年11月から点灯し、芸術祭後も今年2月末まで点灯している。

 制作したのは、芸術祭を企画した建築家で、商店街のバーも経営する堀川秀夫さん(63)と建築家の田中秀弥さん、名和研二さんだ。買い物など日常の暮らしの中で心に響く作品をめざし、使い捨てされがちな割り箸に着目した。

 割り箸は複数のNPOを通じて無償提供してもらった。飲食店などで使われた箸は洗浄し、国産の間伐材で作られた未使用の不良品も加えた。輪ゴムでつなげて竜の骨格に見立て、商店街の上空をうねらせてLED電球を取り付けた。

 日中は割り箸が日光にきらめ…

この記事は有料会員記事です。残り199文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
東京インサイド

東京インサイド

東京の気になるニュースや街の話題が満載。あなたの「!」「?」に答えます。[記事一覧へ]