親ロシア派が住民をロシアへ避難 「ウクライナ軍の攻撃迫る」と主張

有料会員記事ウクライナ情勢

キエフ=喜田尚
[PR]

 ロシアの支援を受けてウクライナ東部の一部を占拠する親ロシア勢力が18日、「ウクライナ軍の攻撃が迫っている」ことを理由に支配地域の住民をロシアに避難させ始めた。ウクライナ側は攻撃の意図を否定。親ロシア派がうその情報をもとに危機感をあおり、ロシア軍によるウクライナ侵攻の口実を作ろうとしているとみて警戒を強めている。

 東部では同日、「ドネツク人民共和国」「ルガンスク人民共和国」を名乗る二つの親ロシア組織のトップが相次いでビデオ演説。「ウクライナ軍が(親ロシア派支配地域との)境界線に秘密裏に大量の武器を配備し、攻撃の準備を整えた」などとして住民にロシア南部ロストフ州に避難するよう求めた。「ドネツク人民共和国」のトップは「(ウクライナの)ゼレンスキー大統領が近く軍に全面攻撃を命じる」とも断言した。

 直後にはドネツク市の親ロシ…

この記事は有料会員記事です。残り732文字有料会員になると続きをお読みいただけます。