ワクチンは「個人的選択」 接種しなかったトップ選手、五輪への思い

有料記事

吉永岳央
[PR]

 五輪か、ワクチン接種か。優先順位はそれぞれだった。

 スノーボード女子パラレル大回転で14位に終わったスイスの34歳、パトリツィア・クンマーが北京に入ったのは、レース日よりも1カ月近く早い1月13日だった。

 今大会、新型コロナウイルスのワクチン未接種者は、医学的な理由を除けば選手であっても21日間の隔離が求められた。

 トップアスリートにとって、試合直前の3週間がどれほど大切か。事実上、接種はほぼ義務づけられているとも言えた。実際、今大会に向けてワクチンを打ったという選手は少なくない。ただ、クンマーは「個人的な理由」で打っていない。

 「自分にとって何がベストなのか、分かっています。21日間の隔離が私にとってのベスト。他人がどう思おうと関係ありません」。隔離生活の部屋は、約25平方メートル。体を動かすためのインドアバイクがあるとはいえ、影響が皆無とは言い難い。

 2014年ソチ五輪の金メダ…

この記事は有料記事です。残り747文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]