大西洋で貨物船火災 ポルシェなど高級車4千台、商船三井が運航

[PR]

 ベントレーやポルシェなどの高級車を載せ、大西洋を航行していた貨物船で16日、火災が起きた。ロイター通信によると、乗組員22人は避難し、全員無事だった。貨物船には約4千台の車が積載されていたという。

 貨物船はパナマ船籍の自動車運搬船「フェリシティエース」(全長200メートル)で、商船三井が所有・運航。ドイツを出港し、米国に向かっていた。

 商船三井によると、16日午前9時半ごろ、ポルトガルのアゾレス諸島沖で出火。乗組員が避難したため、船は制御できない状況で、ポルトガル海軍などが周囲で監視をしているという。

 ロイター通信によると、船には高級車のベントレー約200台やポルシェ約1100台のほか、フォルクスワーゲンやアウディ、ランボルギーニの自動車が積まれていたという。ポルトガル海軍が公開した写真には、船から白い煙が激しく上がっている様子が写っていた。