医学部合格率、初めて男女逆転 昨年の入試 文科省調査

三浦淳
[PR]

 全国に81ある国公私立大の医学部医学科の2021年度入試(21年春の入学者を選抜する試験)で、女性の合格率が13・60%となり、男性を0・09ポイント上回ったことが、文部科学省の調査で分かった。データのある13年度以降で、女性の合格率が男性を上回ったのは初めて。女性の方が男性よりも合格率が低い大学の割合も初めて半数を切った。

 医学部入試をめぐっては18年、全国10大学で女性受験生らが減点されるなどの差別を受けていたことが発覚。これをきっかけに文科省は調査を始め、結果を公表している。

 21年度入試では、女性受験生4万3243人に対して5880人が合格し、合格率は13・60%だった。男性は6万2325人のうち8421人が合格し、合格率は13・51%だった。13~20年度の合格率は、男性が女性を0・74~2・05ポイント上回っていた。

 81大学のうち、女性の方が合格率が低いのは38大学(46・91%)。13~20年度は46~57大学だった。(三浦淳)

Think Gender

Think Gender

男女格差が先進7カ国で最下位の日本。生きにくさを感じているのは、女性だけではありません。だれもが「ありのままの自分」で生きられる社会をめざして。ジェンダーについて、一緒に考えませんか。[記事一覧へ]