羽生結弦、世界選手権は「総合的に判断」 現役続行かは検討する姿勢

有料会員記事

岩佐友
[PR]

 北京五輪フィギュアスケート男子で3連覇を目指し、4位だった羽生結弦が20日、今後について「フィールドは問わない。アイスショーなのか、競技なのか、いろいろ考えた上で、羽生結弦のスケートが好きだと思ってもらえる演技を続けたい」と語り、現役を続けるかどうか検討する姿勢を示した。

 3月にフランスで行われる世界選手権への出場は「いろいろ考えながら総合的に判断して決めたい」。

 フリー前日の練習で右足首を…

この記事は有料会員記事です。残り502文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]