エキシビション練習後、羽生結弦がとった行動 中国ネットが称賛

有料会員記事

北京=冨名腰隆
[PR]

 北京冬季五輪最終日の20日、フィギュアスケートのエキシビションに登場した羽生結弦選手(27)が前日のリハーサル後に整氷作業に参加したことについて、中国のネットで称賛の声が上がっている。

 共産党機関紙・人民日報のスポーツ公式アカウントなどによると、19日のリハーサル後、各国の選手らがリンクから引き揚げると、作業員やボランティアが氷の補修作業を始めた。

 するとパンダの帽子をかぶった羽生選手が再びリンクに現れ、作業に参加。氷の表面を手でなでて点検したり、かけらを拾ったり。穴を見つけると、氷を埋める作業を繰り返し、作業後にリンクを出る際には振り返って一礼した。

 ネット上では作業後にボラン…

この記事は有料会員記事です。残り211文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

グランプリファイナルの結果や、注目選手の最新情報はこちらから[記事一覧へ]