米国務長官「侵攻寸前の段階にある」 ロシア軍撤収せず、警戒強める

有料会員記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 米国のブリンケン国務長官は20日、米CNNのインタビューで、ベラルーシでの軍事演習終了後もロシア軍が撤収しないとベラルーシ国防省が発表したことで、ウクライナ侵攻の可能性がより高まったとの見解を示した。米国が想定した通りの侵攻準備が進んでいるとして「本当に侵攻寸前の段階にある」と危機感をあらわにした。

 ブリンケン氏は「自らが生み出した緊張を理由に、『軍事演習』の延長を正当化している」とロシア側の振る舞いを批判。「ウクライナ侵攻を正当化するために一連の挑発行為が続いている」と指摘した。

 軍事侵攻の可能性について、ブリンケン氏は「プーチン大統領は決断を下したと考えている。だが戦車が実際に動き出すまでは、外交によってプーチン氏の前進をやめさせるためにあらゆる機会を模索する」と語った。

 ブリンケン氏は「戦争を防ぐ…

この記事は有料会員記事です。残り284文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら