「学校がしんどい」 救ってくれたフリースクール 私も寄り添いたい

有料会員記事

太田康夫
[PR]

現場へ! 発達障害の「声」聞く①

 私の長男(22)は発達障害がある。5歳の時に診断されて以降、同じ障害がある人や家族、支援の場を取材してきた。

 発達障害は、興味の偏りや対人関係に困難がある「自閉スペクトラム症」、落ち着きがない「注意欠如・多動症」、読み書きや計算など特定の学習に困難がある「学習障害」などが知られる。生まれながらの脳の機能障害が原因とされる。自閉スペクトラム症には自閉症やアスペルガー症候群などが含まれる。

 私は現在、本紙朝刊の「声」欄を担当しており、発達障害のある方らからも投稿をいただく。どんな背景やその後があるのか。気になった「声」の現場を訪ねた。

 岡山県倉敷市グループホーム「めやす箱」。大森美紗さん(23)は現在、障害がある成人の入所者10人を支える「世話人」としてパート勤務をしている。

夢はフリースクールの先生 中学生 大森美紗(岡山県 15)

 私にはアスペルガー症候群という発達障害がある。聴覚過敏に気づいたのは小学2年生の時。転校で環境が変わったのがきっかけだった。母が探してくれたのがフリースクール。先生は、心の傷を持つ生徒を理解し愛情を注いでくれた。いつか、フリースクールの恩師のように、人の心のよりどころになれる先生になりたい。そのために、人として成長したい。(2013年11月25日、「声」欄投稿要旨)

 「学校がしんどい」と感じたのは小学2年生の時。医療機関で聴覚過敏を指摘され、騒がしい学校環境が影響していると分かった。母は、辛(つら)い時に別室で過ごすなどの配慮を学校に求めたが、「特別扱いはできない」と理解を得られなかった。

 登校をやめ、岡山市内のフリ…

この記事は有料会員記事です。残り660文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
  • commentatorHeader
    太田泉生
    (朝日新聞コンテンツ編成本部次長=人権)
    2022年3月1日22時43分 投稿

    【提案】現在44歳の私は元不登校児(当時は登校拒否児と呼んだ)でいわゆるフリースクール育ち。いまから30年前のことだが、当時の仲間たちのことを思い返すと、なかにはきっと、いまなら発達障害との診断を受けうる仲間もけっこういたことだろうと思う。 障害

  • commentatorHeader
    田中宝紀
    (NPO法人青少年自立援助センター)
    2022年3月1日10時39分 投稿

    【視点】不登校の子どもたちにとってフリースクールは重要な選択肢の一つだと言えます。「その子」ひとりにとって何が大切かを考える時、おおたとしまささんのコメントの通り、学校に行くことだけが「正解」ではありません。 しかし、フリースクールは公的支援