今春センバツ、1回戦は観客上限2万人 開会式は6校のみ参加

[PR]

 日本高校野球連盟毎日新聞社は21日、3月18日に兵庫県西宮市阪神甲子園球場で開幕する第94回選抜大会について、開幕から23日までの6日間は、1日当たりの観客数を上限2万人にすると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大防止のためで、日本高野連の小倉好正事務局長は「兵庫県のイベント開催方針に従った」と説明した。昨年の大会は上限を1万人に制限していた。

 この日の臨時運営委員会で決めた。大会6日目までは1回戦と2回戦の2試合が予定され、感染者が出た場合、経路を追えるように、チケットは全席指定。7日目以降の販売数については、感染状況の推移をみながら判断するという。3月2日からウェブで前売り販売し、当日券の販売は行わない。「まん延防止等重点措置」の解除などで県の方針が変われば、追加販売を検討する。

 開会式と3月4日にオンラインで実施される組み合わせ抽選の方法も、発表された。開会式は昨年と同じく初日に登場する6校のみの参加。抽選は、同一都府県から出ている福島、東京、福井、大阪、和歌山、広島の2校は、決勝まで対戦しないよう振り分けて行われる。同一地区の学校とは1回戦から当たる可能性がある。選手宣誓は開会式に参加する6校の主将から抽選で選ぶ。抽選会の模様は、大会公式サイトで中継するという。

 出場校関係者だけに販売するアルプス席での応援方法などは今後決定する。