北海道、東北で暴風雪 冬型の気圧配置続き、大雪は23日まで警戒

[PR]

 発達した低気圧などの影響で、北海道や東北では21日、雪をともなった非常に強い風が吹いた。気象庁は北日本の沿岸部を中心に暴風雪警報を発表。冬型の気圧配置は23日にかけて続く見通しで、東日本や北日本では大雪となるところがあるという。

 同庁によると、21日午後5時までに観測された最大瞬間風速は、北海道えりも町で42・2メートル、山形県酒田市で33・4メートル。岩手県西和賀町では22・1メートルで観測史上最も強い風を記録した。降雪量では、札幌市南区の6時間最大値で29センチ、北海道東神楽町の24時間最大値で31センチを観測。いずれも2月の最多を更新した。

 23日にかけて大雪も見込まれており、22日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多いところで、北陸70センチ▽北海道、東北50センチ▽東海、関東甲信40センチ。