大分・沖縄・山口で重点措置解除 飲食店から不安の声も

有料会員記事新型コロナウイルス

倉富竜太、前田健汰、国吉美香
[PR]

 新型コロナウイルス対応の「まん延防止等重点措置」が、大分、沖縄、山口の3県で解除された。ただ感染が収まったとは言えない中、21日から営業時間の短縮を元に戻したり、営業を再開したりした飲食店からは、不安の声が漏れる。

 全国有数の温泉地として知られる大分県別府市。21日は平日でもあり、観光客はまばらだった。だが駐車場には、まだ重点措置が適用されている県のナンバープレートをつけた車が多かった。福岡市から友人4人で訪れた会社員男性(25)は「大分は重点措置が解除されたので、仕事の休みに合わせて来ました」。

 別府市の明礬(みょうばん)温泉にあるうどん店「明礬うどん」は、重点措置の間は午後8時までにしていた営業時間を午後9時までに戻し、酒の提供も始めた。だが女将(おかみ)の平田弘恵さん(54)は「マスクをしていない県外からの客もいて、常に不安に感じている。県内での(1日あたりの新規)感染者はまだ数百人単位で出ており、解除は早かったと思う」と話す。

 別府市によると、観光客は2019年が833万人だったが、20年は442万人とほぼ半減。外国人客の割合も約20%から約4%に落ち込み、観光関連産業の苦境は続いている。

 このうどん店では感染拡大防…

この記事は有料会員記事です。残り800文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]