エビチリ、麻婆豆腐…中華料理の自販機が話題 深夜3時に買う人も

有料会員記事

編集委員・小泉信一
[PR]

 【群馬】長引くコロナ禍で人と接触しないサービスが注目されている中、一風変わった冷凍食品の自動販売機が、前橋市内に登場した。今月から売り始めたところ、SNSや口コミで評判が広まり、深夜3時に買いに来る人もいるという。

 自販機は前橋市野中町の「餃子(ギョーザ)工房RON」にある。1970年に創業し、中華総菜の製造・販売を行ってきた「みまつ食品」(本社・前橋市上大島町)のアンテナショップだ。

 メニューはエビチリ、麻婆(マーボー)豆腐、黒酢酢豚といった本格的な中華料理がずらりと並ぶ。担当者によると、もともとギョーザやシューマイなどを自販機で販売していたが「それ以外の総菜も取りそろえてほしいという要望が、お客様から寄せられていた」という。

 人気なのは、エビチリだ。大ぶりのエビをふんだんに使っており、チリソースがしっかり絡んでいる。自然な甘さを出すため、人工甘味料などは使わず、甘酒を使用。果実酢でフルーティーな仕上がりになっている。

 麻婆豆腐は、香りとコクを出…

この記事は有料会員記事です。残り850文字有料会員になると続きをお読みいただけます。