「五輪の歴史に足跡」 金正恩氏が習主席を祝福、中国との連携強調

有料会員記事

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 北朝鮮金正恩(キムジョンウン)総書記が北京冬季五輪の閉幕にあたり、中国の習近平(シーチンピン)国家主席に「厳しい保健医療危機と敵対勢力の策動の中でも堅忍不抜の奮闘と努力により五輪の歴史にはっきりとした足跡を残した」と祝福するメッセージを送った。朝鮮中央通信が22日に報じた。「保健医療危機」は新型コロナ、「敵対勢力」は米国を指しているとみられる。

 同通信によると、メッセージでは、北京五輪は習氏の指導の下で、「斬新で特色ある大スポーツ祭典として盛大に行われた」と評価。「新時代の中国式の社会主義思想が指し示す道に沿って、力強く前進する中国の気概を誇示した」とたたえた。

 そのうえで、中朝が戦略的協力と団結を強化し、「米国と追従勢力の露骨な敵視政策と軍事的威嚇を粉砕し、共同の偉業である社会主義を守り、前進させている」と強調し、習氏とともに「朝中の不敗の関係をさらに確実に固め、平和な世界を建設する」との考えを伝えた。

 正恩氏は北京五輪が開幕した…

この記事は有料会員記事です。残り291文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら