第15回ロシアによる実効支配、東部で拡大するかカギ ウクライナ危機の深層

有料会員記事ウクライナ情勢

聞き手・軽部理人
[PR]

 ロシアのプーチン大統領が2月21日、ウクライナ東部で親ロシア派勢力が支配する地域の独立を認める大統領令に署名し、「平和維持」のために軍を派遣するよう指示しました。東部での紛争停止を定めた2015年の「ミンスク合意」を崩壊させ、欧米との対立をさらに広げる動きですが、ロシアの狙いは何なのか。ロシアとウクライナ政治に詳しい大串敦・慶応大教授に聞きました。

 ――今回のロシアの動きをどうご覧になりましたか。

 プーチン氏の判断には非常に驚かされました。「ミンスク合意」を破るメリットがロシア側にとって非常に少ないにもかかわらず、自ら破綻(はたん)させたからです。

 ――なぜ、合意を破るメリットが少ないのでしょうか。

 今回ロシアが独立を承認した…

この記事は有料会員記事です。残り1579文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

  • commentatorHeader
    佐藤優
    (作家・元外務省主任分析官)
    2022年2月24日9時27分 投稿

    【視点】<プーチン氏の判断には非常に驚かされました。「ミンスク合意」を破るメリットがロシア側にとって非常に少ないにもかかわらず、自ら破綻させたからです>ということですが、プーチン大統領が「ミンスク合意」を死文化した理由は簡単です。ウクライナのゼレン

連載ウクライナ危機の深層(全150回)

この連載の一覧を見る