米ロ外相会談は中止、首脳協議も白紙に 「侵攻しない」条件満たさず

有料記事ウクライナ情勢

ワシントン=高野遼
[PR]

 米国のブリンケン国務長官は22日、ウクライナ情勢をめぐり、24日に予定していたロシアのラブロフ外相との会談に応じない意向を明らかにした。会談の実施はロシアが侵攻しないことが条件だった。これにより、同様の条件で原則合意していた米ロ首脳協議の計画も白紙となった。

 ブリンケン氏が22日、ウクライナのクレバ外相との会談後の共同記者会見で明らかにした。ラブロフ氏に対して同日、会談に応じない旨を書面で伝えたという。

 米政府は、外相会談の開催について「ロシアがウクライナに侵攻しないこと」を前提条件としていた。ブリンケン氏は「いまや侵攻が始まり、ロシアが外交を拒絶することを明確にした。会談を実施する意味はない」と述べた。

 外相会談では、バイデン米大…

この記事は有料記事です。残り415文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

ウクライナ情勢 最新ニュース

ウクライナ情勢 最新ニュース

ロシアのウクライナ侵攻に関する最新のニュース、国際社会の動向、経済への影響などを、わかりやすくお伝えします。[もっと見る]