雪で作ったのは「戦車」 戦中に描いた絵日記、本にした女性の不安

有料会員記事

小島弘之
[PR]

 野草を使った代用食、井戸へ水くみ、もんぺ作り……。戦争は、壮絶な体験とセットで語られることが一般的だが、「この世界の片隅に」(2016年映画公開)は、主人公すずさんの半径数メートルの出来事から、戦時下の日常を色鮮やかに描き出している。

 それはすずさんだけに限った話ではなく、至るところに同じような銃後の営みがあったはずだ。

 そう感じさせられる本に出合った。

 元教員の朝岡明美さん(85…

この記事は有料会員記事です。残り878文字有料会員になると続きをお読みいただけます。