11年ぶりの自宅、大好きな焼きそばを家族で…「奇跡」感じた3カ月

有料会員記事

福地慶太郎
[PR]

 東京電力福島第一原発の事故から間もなく11年。同原発が立地する福島県双葉町で、今夏の帰還に向けた「準備宿泊」が行われています。同町から茨城県に避難した大沼勇治さん(45)は1月下旬、東日本大震災後に生まれた息子たちと地元に戻り、約11年ぶりに自宅に泊まりました。原発被災地に足しげく通い、取材してきた記者(31)が大沼さんの3カ月に密着しました。

    ◇

 大沼さんの自宅を初めて訪ねたのは、昨年10月のよく晴れた日のことだった。

 「ハウスクリーニングはこれからなんで、どうぞ、土足であがって」。靴のまま自宅に入っていく大沼さんに続いて、ためらいながら土足で踏み入れた。玄関を入るとすぐにリビングが広がり、吹き抜けになっている。開放感のある吹き抜けにあこがれ、2005年に建てた家だ。フローリングの床にほこりは見えたものの、11年近く不在だったにしてはきれいだった。

 「事故前は床を汚さないようにタイルカーペットを貼っていたんです。避難するときも家内が渋滞にはまっている間に戸締まりをちゃんとしたので、イノシシやハクビシンの侵入もなく幸いでした」。こう大沼さんから聞き、合点がいった。これまで取材した双葉町や近隣の住民からは、避難後にイノシシに家の中をメチャクチャに荒らされたとよく聞くからだ。

 家の中にあったテレビやテーブル、服や棚などは半年前に全部処分していた。この日は唯一残っていた仏壇を片づけるにあたり、双葉町から約70キロ離れた須賀川市に避難している「正福寺」の僧侶を呼び、お経をあげてもらった。大沼さんは、その後ろで手を合わせていた。

 日が傾いたころ、4人の男性がやって来た。青い作業服と長靴、白い防じんマスクに、ゴム手袋といったいでたち。一見すると工事関係者のようだが、首からさげたカードに東京電力のマーク「TEPCO」の赤い文字が見えた。

誰もいなくなったマイホームを、残すと決めた大沼さん一家。ふるさとへの思い、町長との会話、避けられない町の現実……。記事の後半では、「奇跡」を感じたという3か月を追った動画も見ることができます。

 男性らは、大沼さんの依頼で…

この記事は有料会員記事です。残り4164文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら