故瀬戸内寂聴さんに17年密着のドキュメンタリー映画 5月公開予定

[PR]

 昨年11月に99歳で死去した作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんの素顔を撮ったドキュメンタリー映画「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」の製作が決まった。KADOKAWAと朝日新聞社などが製作する。

 監督は中村裕さん。1994年からテレビ番組などのディレクターを務め、2011年には「色を奏で、いのちを紡ぐ~染織家志村ふくみ・洋子の世界~」でキネマ旬報ベスト・テンの文化映画部門の第2位に選ばれた。

 中村さんは17年間にわたって寂聴さんに密着。日々の老いから過去の不倫関係まで日常的にすべてを報告し合う関係性を築いていたという。5月27日から全国公開される。