EU、対ロシアで緊急首脳会議開催へ ロシア下院議員ら資産凍結も

有料会員記事

ブリュッセル=青田秀樹
[PR]

 欧州連合(EU)は23日、ロシアが国際法に違反してウクライナの主権を侵害する行為を重ねているとして、緊急首脳会議を24日に開いて対応を協議すると発表した。また、ロシア政府によるEUの金融市場へのアクセス制限など、制裁の発動も正式決定した。

 首脳会議はブリュッセルで開く。ロシアがウクライナ東部の親ロシア派支配地域の独立を一方的に承認し、平和維持活動の名目で軍を進駐させると決めた事態を重く見た。

 ミシェル常任議長は「力と威圧による国境変更は21世紀にはあり得ない」と指摘。国際法に反した行為でウクライナの主権を侵すだけでなく、欧州の安全保障をも損なっているとして、「ロシアにどう対処し、法に基づく国際秩序をどう守るのかを議論したい」と表明した。

 一方、この日正式決定した制…

この記事は有料会員記事です。残り286文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら