名古屋の郵便局強盗事件、容疑の男逮捕 公衆電話から「出頭したい」

[PR]

 名古屋市南区の郵便局で22日、男がガソリンのようなものをまき現金を奪った強盗事件で、愛知県警南署は24日、名古屋市緑区鳴子町1丁目の無職藤光孝志容疑者(51)を強盗の疑いで逮捕し、発表した。「間違いありません」と容疑を認めているという。

 署によると、藤光容疑者は22日午前10時25分ごろ、名古屋市南区元桜田町5丁目の名古屋元桜田郵便局で、郵便局長らに対し、ペットボトルに入ったガソリンのようなものをかけた上、包丁を突きつけて「金を出せ」などと脅し、現金9万1千円を奪った疑いがある。

 藤光容疑者が23日夜、豊橋市内の公衆電話から「ガソリンをまいた者です。出頭したいです」と110番通報。署がこの事件に関連があるとみて任意同行し、調べていた。

 この事件の約15分前、約1・5キロ離れた名古屋市緑区鳴海町のコンビニエンスストア「ローソン緑区鳴海町店」でも、男が刃物のようなものを突きつけ「金を出せ」と脅す強盗未遂事件が発生しており、署は両事件の関連を調べる。