市長「何も話せない」 5割還元のふるさと納税温泉券、調査の行方は

有料会員記事

五十嵐聖士郎、天野剛志
[PR]

 ふるさと納税の返礼品で、国のルールに逸脱する疑義が生じている兵庫県洲本市の「洲本温泉利用券」について、地元市議会で質疑があった。市は返礼の仕組みや市側の認識を示すにとどまり、市議も市の歳入や地元業者を気にして「攻めづらい」と矛先が鈍る。調査を進める国は、市に24日までの報告を求めており、国の判断に注目が集まっている。(五十嵐聖士郎、天野剛志)

市議「温泉券の追及、質問しづらい」

 「調査中なので何も話せない…

この記事は有料会員記事です。残り1591文字有料会員になると続きをお読みいただけます。