苦節30年の重みかみしめて 今後もグランパス発展の力に 楢崎正剛

有料会員記事

[PR]

スポーツのミカタ

 30年目のJリーグが開幕し、名古屋グランパスも30周年を迎えました。僕も選手として20年過ごしたクラブが、山あり谷ありながら歴史を刻んできたことは素直にすごいなと感じています。

 Jクラブが身近にあるのは当たり前のことではありません。僕が最初に入団した横浜フリューゲルスは、1993年のJリーグ開幕から6年後、親会社の経営不振などで事実上消滅しました。

 存続に向けた署名活動などを行う中で、長年フリューゲルスを支え、愛してきた人たちが奔走する姿を見ました。今も「昔話」として軽々と語ることはできない。それぐらいつらい出来事でした。

 名古屋に移籍して、こんなに…

この記事は有料会員記事です。残り724文字有料会員になると続きをお読みいただけます。