緊急のオンラインG7サミット開催へ ロシアへの追加制裁を合意か

有料会員記事ウクライナ情勢

ベルリン=野島淳
[PR]

 主要7カ国(G7)は日本時間24日午後11時、オンラインで緊急の首脳会議(サミット)を開く。ロシアによるウクライナへの軍事侵攻は世界の安全保障と国際秩序への挑戦だとみなし、厳しく非難する方針。一段と強い制裁をロシアに科すことでも合意する見通しだ。

 議長国ドイツのショルツ首相は24日、声明を読み上げ、「これはプーチンの戦争だ。正当化はできない。G7議長として、世界で最も経済力のある民主主義国が一致して明確な対応をするよう提唱する」と述べた。

 また「制裁の目的は、ロシアの指導者たちがこの侵略のためにひどい代償を払っていることを明確に伝えることだ」とし、プーチン氏には「軍事侵攻を直ちに止め、ウクライナから軍隊を完全に撤退させることを求めたい」と話した。

 G7は19日にドイツ南部ミ…

この記事は有料会員記事です。残り255文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら