連合・芳野会長、予算案賛成の国民民主に理解 他党は関係見直し言及

有料会員記事国民立憲共産維新

鬼原民幸 神沢和敬、添田樹紀、中島健
[PR]

 国民民主党玉木雄一郎代表は24日、連合の芳野友子会長と会談し、岸田政権が提出した新年度当初予算案に賛成した理由を直接説明した。芳野氏は国民民主の対応に理解を示した。

 連合本部での会談には国民民主の榛葉賀津也幹事長、連合の清水秀行事務局長も同席した。

 玉木氏は会談で「野党なら反対という前例踏襲を超え、国民にとって良いものは前に進めていこうという観点で判断した」と説明。芳野氏は「連合は予算案に反対しているわけではない」と、理解を示した。

 連合内には国民民主の予算案賛成に批判が出ている。終了後の会見で、芳野氏は「(立憲支持の)官公労系の組合から意見が出てくるかもしれないが、連合としては(予算案に)反対ではなく、精査・修正を求める(立場だ)と説明する」と語った。

 ただ、芳野氏の出身である金属・機械系中小企業の労組などでつくる産業別組織JAMの安河内賢弘会長は23日の自身のツイッターで「連合は本予算案に対しては反対の立場だ」と投稿している。鬼原民幸

立憲・共産・維新は関係見直しに言及

 国民民主党が政府の新年度当…

この記事は有料会員記事です。残り575文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら