ウクライナ選手団、北京パラに出場できない可能性も ロシア侵攻で

有料会員記事

北京=遠田寛生
[PR]

 ロシア軍がウクライナ侵攻を始めた影響により、3月4日から始まる北京パラリンピックにウクライナ選手団が出場できない可能性が出てきた。

 国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドリュー・パーソンズ会長が24日、声明で厳しい状況を説明した。

 「本当に恐ろしい状況だ。今朝、ウクライナ・パラリンピック委員会の会長と話をした。パラアスリートたちは北京大会に出たいと願っているものの、選手団を北京に届けるのはとてつもなく大きな挑戦になると伝えられた」

 IPCはウクライナ・パラリ…

この記事は有料会員記事です。残り331文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
北京オリンピック

北京オリンピック

北京オリンピックの最新ニュース、選手や競技情報はこちらから[記事一覧へ]