ロシア非難の決議案、米が安保理で配布 採択見込みなくても孤立狙う

有料記事ウクライナ情勢

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 米国連代表部は24日、ウクライナに侵攻したロシアを非難する決議案を、安全保障理事会の各理事国に配布した。政府高官が同日、明らかにした。25日に採決にかけられる予定だが、ロシアが常任理事国として拒否権を持っており、採択される見込みはない。

 政府高官によると、決議案は、ロシアによるウクライナの侵略、侵攻、主権の侵害を最も強い言葉で非難する▽ウクライナの主権、独立性、団結、領土保全を再確認する▽ロシア軍に即時の、完全な、無条件の撤退を求める――との内容。ウクライナの人びとに対する人道支援の促進についても触れられているという。

 ロシアがこうした内容を受け入れる可能性はないが、政府高官は「ロシアの孤立を際立たせる。ウクライナやロシア、世界に対し、安保理は目を背けないとのメッセージを送る。ロシアが自ら(拒否権行使の)説明をするための重要な場にもなる」と語った。

中国の動向にも注目

 また、決議案は「米国やEU…

この記事は有料記事です。残り403文字有料会員になると続きをお読みいただけます。